インターナショナルハウス オブ ジャパン(国際文化会館)

名勝庭園と歴史的建築

港区指定の名勝庭園×コルビュジエの意志を継ぐ巨匠による重要文化財

ロックフェラー財団などの支援を受け、戦後の国際文化交流の拠点として設立された『国際文化会館』。

現在の庭園は、昭和5年岩崎小彌太がわが国屈指の京都の名造園家「植治(うえじ)」こと7代目小川治兵衛に作庭を依頼し、桃山時代あるいは江戸初期の名残りを留めている近代庭園の傑作として知られています。
なお、当庭園は2005年10月に港区の名勝に指定されました。

名園と謳われる日本庭園との調和を図ったモダンな建物は、日本建築界の巨匠・前川國男、坂倉準三、吉村順三の三氏共同設計により1955年に竣工され、昭和モダニズム建築の代表と称されています。
文化庁指定の「登録有形文化財」、「2007年度日本建築学会賞」、「日本を代表する近代建築100選」など華々しい受賞歴も誇ります。

文化財建築と名勝庭園を1組だけで貸切るウェディング

麻布十番駅から徒歩3分とは思えない喧噪とは無縁の別世界で文化財建築と名勝庭園を1組だけで貸切る特別なウエディングが叶います。

2,000坪の美景を貸切にしてまばゆい陽光とたくさんの笑顔で満たされる感動のセレモニーを叶えてください。

ここでしか味わえない上質なくつろぎを

季節の花を飾って、パノラマに見渡す日本庭園との一体感を演出

専属シェフによるおもてなしのお料理

有形文化財×緑×上質空間でのロケーションフォト